CONTENTS

「どう定着させる?」システム導入×プロダクトの関係性【福岡】

こんにちは、地方×ITを伝播する3rdコンサルティング株式会社の大瀧です。

今回は弊社がシステム導入時に必ず実施している3つのことをお話をいたします。

システム導入前に必要なこと

突然ですが、自社でシステムを導入する際に、必ずやってることはありますか?

「システムを導入したけどうまくいかない」

「何度かシステム導入を検討したけど、その後につながらない」という話をよく耳にします。

しかし、根本的に「なぜ」システム導入に失敗してしまうのかという部分を考えないかぎり、

問題の解決には向かわないでしょう。

今回は、弊社で行なっているシステム導入の際のプロセスを例に出しながら、

導入の際に重視しなければならないこと、プロダクトとの関係性、導入後の定着のさせ方について詳しくご説明いたします。

今のビジネスモデルと商材

システムを導入するとき、みなさんはまずどの部分に目を向けますか?

おそらく多くの場合、今の状態今の課題に目を向けて導入しがちではないでしょうか。

ですが、その課題が発生している本質的な理由が解決しない限り、また同じような問題が発生します。

では、今抱えている課題の本質を探るためにはどのようにすれば良いでしょう。

弊社では、まずはじめに

  • 今のビジネスモデル
  • 今の商材(サービス)

をヒヤリングしていきます。

企業規模が大きくなればなるほど、自社のサービスは複雑になります。

なんとなく把握しているけど、他人にうまく説明できないことにはシステム化はできません。

そのため、あえて「言語化する」ことを実施します。

この作業をしながら、少しずつ「なぜ、そのサービスを提供しているのですか?」という質問をしていきます。

理由は明確で「売りたいもの」からクライアントとなる人を想像するためです。

つまりビジネスモデルでは

「売るもの」×「購入者」を把握することです。

表面的な管理であれば、このようなヒヤリングをする必要はありませんが、

よりお客様のビジネスに沿ったシステムを導入するためには、必要な工程となります。

3年後〜5年後のビジネスモデルと商材

次のステップは、今管理したい項目を、ただのシステムの管理項目にするのではなく、

将来から逆算したマイルストーン(中間目標地点)にしていくことです。

3年後〜5年後は突然やってくるのではなく、現在の延長線上です。

近い将来の姿をイメージし、それを「今」から準備をしていくという積み重ねが、システム導入後の定着に必要になります。

逆に、失敗するシステムは「なぜ入力しないといけないのか」「面倒くさい」「ただ入力するだけ」になりがちです。

それを防ぐためにも、3年〜5年後のビジネスモデルと商材を一緒に考えること。

それを実現するために「管理すべき項目」を見出してきます。

さらに、年月が過ぎればマーケット(市場)も変化していきます。

ですので、理想は半年に一回はシステムやマイルストーンを見直すことをおすすめしています。

「一回きりのシステム導入で、これ以上の費用は払いたくない」

そういう考えであれば定着するシステム、成長するシステムを作ることはできません。

システムを導入した後、どういう状態が理想か

十人十色、と言うように、会社にもそれぞれ自社の色があります。

・売上を今のXXX倍にしたい
・タスク管理を徹底したい
・社内効率を上げたい
・リモートワークにも対応したい

1階層の目的から少し深堀りして、

なぜ、その目的をこのシステムで実現したいのか。目的が実現したあと、どういう姿になりたいのか。

根本の部分を深掘りしていくと、

「システムで実現しようとしていること」「システムでは実現できないこと」

に焦点が当たります。

この状態になって、初めてシステムはあくまでツールのひとつであり、

システムは使いこなして初めて意味があるということに気がつきます。

そして、次に重要となるのは「誰と」そのシステムを導入するかです。

誰と今後一緒にゴールに向かって走るのか?

システム導入は2パターンあると思います。

  • 「今の課題をすぐに解決するためのシステム」
  • 「未来のゴールに向かって投資するシステム」

弊社がお手伝いしているのは後者の「未来のゴールに向かって投資するシステム」です。

せっかく経営資源を使ってシステムを導入するわけですから、

ゴールにつながるマイルストーンとなるべきだと考えております。

だからこそ弊社では、システム導入後の「コンサルティング」「伴走支援」をさせていただいております。

「システムの使い方」ではなく、「システムを使い倒して、ゴールに達成に一日でも近づく方法」を伴走しております。

まとめ

今回のまとめです。

弊社では、システム導入前には下記3つを実施しています。

①今のビジネスモデルと商材確認
②3年後〜5年後のビジネスモデルと商材
③システムを導入した後のどういう状態が理想か?

①が出てこない企業は皆無です。

ですが、②③になるにつれて答えが出てこないことは多々あるかと思います。

それがシステム導入が失敗・定着化しない理由です。

「今」のことに目を向けるのはもちろん重要なことです。
ですが、「今」のことばかりに気を取られていると、システムを導入することそのものが目的となってしまい、

その後の発展や、根本の部分である「そのシステムを誰と導入して、今後どうなりたいのか」ということを見失いがちです。

将来のビジネスモデルを設定するためにも、導入前に

「本当にそのシステムでいいのか」

「そのシステムを導入することで、将来のなりたい自社像に近づくのか」

という部分を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ブログではなかなか伝わりづらいところもがあるかもしれませんが、本内容に関することやITのことをよりわかりやすくyoutubeでまとめております。

これ無料でいいの!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、【地方×IT】を伝播するには必要なものですので是非御覧ください。

チャンネル登録していただけると定期的に情報取得できるので是非お願いいたします。

システム戦略家チャンネル

こちらからyoutubeリンクを張っております。

詳細に相談してみたいということであれば、お問合せも承ります。

今日も一人でも多くの方にITが伝播しますように…。

お問い合わせ