CONTENTS

オンライン会議「zoom」で実現する訪問しない営業スタイル

こんにちは、3rdコンサルティングの大瀧です。

みなさん、クライアントの打ち合わせ、車移動ですか?それとも公共機関ですか?

私は前職含めて電車移動がメインでした。

でも本当に訪問しないといけないアポイントなのでしょうか?

訪問での打ち合わせのいいところは【顔を合わす】ことに尽きると思います。

ただ、遠方の場合どうなるかと言うと・・・

    • 1時間、2時間かかるところに行くのは往復の時間、交通費という【時間】【交通費】を消費
    • 特に時間。片道1時間であれば往復で2時間
    • それで打ち合わせは1時間だったらトータル3時間

そしたら遠隔で会議して

プラス2時間そのクライアントのことを思って作業を実施する

ほうが建設的ではないでしょうか?

 

今回はオンライン会議「zoom」で、クライアントに使う総時間を増やすということをお話をさせていただきたいと思います。

引用,zoomホームページより,https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

zoomはクラウドのウェブ会議システムです。

特に必要なシステムいらず、パソコンとかiPhoneとかデバイスは問わず、ハードシステムは特に問わないものです。

有料、無料がありますが、まずは無料のお話をさせていただきます。

特徴① 2人の会議までは制限なし

無料プランの場合、2人での会議は特に制限はかかりません。

ですが、3人以上の場合、残念ながら40分で強制終了です!

特徴② URL発行のみで実施可能

なんか難しそう!とい方もいらっしゃると思いますが、慣れたら楽です。

私の場合、googleカレンダー×Zoomを連携しており、カレンダーで予定作ったらzoomの会議室URLが発行されます。

なので、特に意識しなくてもGoogleを使っていればWEBURLが発行されます。

時間になったら自分もそのURLに入るだけでいいのです。

本当に楽です。

特徴③ 画面共有

対面でできない分、この機能は必要ですよね?

例えば自分のパソコンに写す資料を見せたいとか、画面の説明をしたいとか。

これ、クリックするだげてOKです。

そうすると自分の画面をお客さんに見せながら話することもできます。

また、ふくおかクラウドCafeでもWEB会議システムの比較をしております。

よろしければこちらの資料もご参照ください。

どれが自分にあっているWEBサービスか。Zoom vs hangouts vs appear.in

最後に、

昨日1月4日、オンラインで飲み会しました!

参加メンバーの参加地域は

    • 福岡×2人
    • 鹿児島
    • 東京
    • 北海道

となっています。

初めて会う方もいらっしゃいましたが濃く、楽しい時間を過ごすことができました。

通常オフラインでしかできない飲み会ですらオンラインでできるように時代です。

WEB会議を駆使することによって接触頻度をあげられるので是非使ってみてください。

本記事についてご質問事項ありましたら、是非ご連絡ください。

CONTACT

では、今日もゴール達成のためのシステム戦略家として一人でも多くのお客様のためになれますように。