BLOG

はじめてのクラウドファンディングで248%の成功ができた2つの理由(福岡)

こんにちは、福岡から【地方×IT】を伝播することをコミットしている3rdコンサルティング株式会社の大瀧です。

1月1日にふくおかクラウドCafeの活動一貫でさせていただいているクラウドファンディングを開始しました。

お陰様で2月21日で終了し、248%で達成することができました👏👏👏

クラウドファンディング達成

ご支援していただいたパトロンの皆様ありがとうございました。

本日、リターンの発送をさせていただきましたが、

改めて、クラウドファンディング成功からわかったプロジェクト成功の2つの要素についてお話しさせていただきます。

やる前の気持ち

私の気持ち

正直に申し上げると15万円達成するとは思いませんでした。

人から15万円もお金を貸してもらうなんて人生でしたことありませんし、お金の貸し借りは大嫌いです。

なので、15万円達成するか不安でたまりませんでした。

では何故しようとしたのか?

それは自分の力だけでは、ビジョンが達成できないから。

それだけです。

お力を貸していただきたいという気持ちです。

プロジェクトを達成したい理由、そのあとの未来感

クラウドファンディングにおいてプロジェクトを成功させるために資金を集めます。

では、ふくおかクラウドCafeでは何がプロジェクトの成功と言えるか。

現時点でのゴール:地方×ITを伝播するために環境を整えること

なので、地方×ITを伝播するための協力者を集うことが鍵となります。

私はふくおかクラウドCafeのクラウドファンディングをしているときは毎日「ワクワク」していました。

それは仲間集めの観点です。

会社の垣根を超えて、一つの夢に向かって応援してくれるメンバーがどれくらいるか。

なので、金額ではなく、この夢に支援してくるメンバーにどうやって夢を伝えるかを試行錯誤しました。

成功の要因

成功の要因①:なぜするか、誰のためにするか明確にする

私の小さな欲求のためにお金を恵んでくださいだったらプロジェクト成功確率は低くなります。

「高級焼肉に行きたいからお金ください」

だったら、お前のお金でいけよってなりますよね笑

私の夢を、みんなの夢、共感できる夢にできるかということだと思います。

地方×ITを実現すること

ふくおかクラウドCafeに福岡市以外のメンバーが参加できる環境ができること

でメリットがあるか?ということに対して、YESであれば支援してくださるのでは?と考えました。

つまり、自己だけが満足する夢ではなく、共感できる夢かどうか重要だと思います。

成功要因②:今後の夢を語り、その夢に巻き込む

ふくおかクラウドCafeの次なる野望は二つ

    • ふくおかクラウドCafeのコミュニティ化
    • 福岡市以外でのふくおかクラウドCafeの開催

です。

では、なぜそれをするのか?

システムの成功率は「52.6%」と言われており、さらに地方は2〜3年ITが遅れていると言われています。

首都圏と地方都市はIT投資に対する金額も大幅に違うため、隣の会社に聞いても、わからないことばかり。

だからこそ自分が知っている微々たる知識でも、これまでの10年間、IT×業務改善に携わってきた経験を地元福岡・九州に恩返しができると思いました。

しかし、私の影響範囲は僅かな範囲ですので信頼をする人を巻き込む必要があります。

それが「ふくおかクラウドCafe」をコミュニティ化し、福岡市以外で開催する理由です。

だからこそ、「ふくおかクラウドCafe」を成功・発展する必要がありました。

その想いを支援・応援してくれる方が集まった結果が「クラウドファンディングの成功」につながったと感じています。

最後に

いかがでしたでしょうか?

冒頭でお伝えしたとおり、始めはクラウドファンディングすることを躊躇していたのですが、私利私欲ではなく、社会を良くしたい、地方を輝かせたいという思いから実施したところ、皆様のご支援をいただき成功することができました。

ですので、このクラウドファンディングの経験をぜひ、皆様にも知っていただきたいと思っております。

周りにはクラウドファンディングしたことがある方は少ないとは思いますが、このブログを見ている方で、ぜひやってみたい!という方いらっしゃったら私の知見をお伝えすることができます。

それも【IT×伝播】には間違えないので、ぜひ、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

 

では、今日もゴール達成のためのシステム戦略家として一人でも多くのお客様のためになれますように。